レーザー脱毛効果.jp

レーザー脱毛効果.jp|医療用の脱毛機・家庭用脱毛器の仕組み

光脱毛にくらべて効果が早くでるって本当なのでしょうか?
レーザー脱毛効果.jpでは、医療レーザー脱毛や家庭用レーザー脱毛器の効果や仕組みや、
メリット・デメリット、副作用について徹底調査しました!

 

これからレーザー脱毛をお考えの方はぜひ参考にしてみて下さい。

 

レーザー脱毛の効果と仕組みを徹底検証!

イメージ
医療レーザー、それからフラッシュ脱毛で使用しているものも、レーザーの性質を利用して脱毛処理を行います。その仕組みとしては、黒色にだけ吸収される波長の光を脱毛したい部分に照射することで、毛根部分にある黒いメラニン色素にこの熱が作用します。

 

毛根周囲の組織、例えば毛を発生させるもととなる、毛乳頭や毛包幹細胞がこの熱でダメージを受けるので、毛が生えなくなり、結果的に脱毛効果を得られるということになります。

 

医療レーザー機器の進歩により、いままでレーザー機器が苦手としていた産毛脱毛、また多少日焼けした肌でも、脱毛施術ができるようになりました。またレーザー機器の施術は、効果はあるけれども、痛いという問題も改良や麻酔使用によって解決されつつあります。

 

各医療レーザー機器の特徴
アレキサンドライトレーザー

黒いメラニン色素だけ選択して、スポットで狙い撃ちする事が可能ですので、効率的で、尚かつ高い脱毛効果が期待できます。デリケートな部分もこのレーザー機器なら簡単に脱毛処理ができる優れものです。

 

ダイオードレーザー

痛みが少ないレーザーとして、広く活用されています。冷却チップが搭載されていて、ジェルを塗りながら施術する事が多いことから、乾燥肌の人も、このダイオードレーザーなら痛みを感じずに、施術を進めることができます。

 

YAGレーザー

メラニン色素に吸収されないタイプのレーザーですので、肌の色が黒め、多少日焼け後の肌でも照射できるのがメリットです。肌の安全性を考えて、YAGレーザーを選択したほうがいい人もいるでしょう。

 

G-MAX

レーザー施術速度が速いのが特徴です。スピード照射、また広範囲の照射が可能ですので、背中や太ももなど、脱毛部位が広範囲なときに便利なレーザー機器です。

 

 

 

以上、医療レーザーもその特色を活かして、それぞれの個人ごとに合ったものを選んで施術するとより効果、効率的な施術ができることが分かります。無料カウンセリングのときに、どんなレーザー機器を使っているか聞いてみましょう。

 

家庭用レーザー脱毛器でも効果ある?

家庭で使える脱毛器も、最近はかなり充実した機能が搭載されている上、安全性も高いので、医療脱毛クリニックに通うことができない人、できればムダ毛は自宅で処理したい人にはおすすめです。

 

価格的にもかなりリーズナブルになっているものもありますし、医療クリニックで使っているレーザーほど、効果は高くはありませんが、家庭で繰り返し利用することで、だんだん脱毛効果を実感できます。

 

医療レーザーは、医療や医師の免許を持つ人でないと扱うことができませんが、家庭用なら出力に制限があるので、レーザー機器を使った事が無い素人でも使うことができます。

 

その分、医療機関のレーザーよりも出力が低いので、医療クリニックに通うよりも多くの施術回数、こまめな手入れが必要ですが、一度購入すればずっと使うことができますから、ある意味経済的で、便利です。医療クリニックに通う時間が節約できます。

 

家庭用脱毛器の特徴
トリア

家庭用レーザー脱毛器で最も有名なのが、トリアです。トリアは、パーソナル家庭用レーザー脱毛器のなかでやや強めの照射力で、ポイント脱毛が可能です。プレシジョンという、デリケート部分専用の脱毛機器が36800円、全身、広範囲の部分の照射に便利な4Xは、54800円ですので、継続して使用して自分で脱毛処理をするのなら、安い投資かもしれません。ただ、トリアは、施術の際に、多少痛みがあるのがデメリットかもしれません。

 

ケノン

イメージ

家庭用フラッシュ脱毛器といえば、ケノンです。照射範囲が広く、カートリッジを交換するだけで半永久的に脱毛が可能ですので、忙しい人やよりマイルドな刺激で脱毛処理をしていきたい人にもおすすめです。キャンペーンを実施していることが多く、実質正規ショップで73800円で購入できます。

 

ヒゲなどの太い、またムダ毛が密集した部分にも照射できるし、処理後の美肌効果も期待できるので、家庭用脱毛器としてはダントツの人気を誇っています。

 

 

 

家庭で自分で脱毛処理をしたいという人は、こうした家庭用の脱毛器の購入も考えてみてはいかがでしょうか。軽くて便利、扱いやすい機器が揃っています。

レーザー脱毛は肌が弱くても受けられる?

レーザー脱毛は、毎回肌への負担をかけてしまう自己処理よりも、ずっと肌にやさしい解決方法です。
敏感肌や乾燥肌、アトピー性皮膚炎など、肌トラブル、また肌が敏感なタイプでも、医療レーザーなら問題なく施術をすすめることができ、万が一問題がでてきた場合でも皮膚科医などの専門医がそばにいるために、安心して治療、施術を続けることができるからです。

 

レーザー機器自体に冷却装置がついたものや、痛みケアのためにあらかじめ麻酔をしたり、乾燥を防ぐためにジェルを塗ってから施術を行ったり、肌が弱い、そして敏感な肌の人のためにできる事前トリートメントはいくつかあります。
その上、医療レーザー機器の進歩によって痛みや肌ケアが特に必要ない機材も出てきていますので、肌の状態によってあなたにぴったりの機材で施術してくれるクリニックもあります。

 

医療クリニックでの脱毛

いま現在、医療クリニックで使われているレーザー機器は、ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザー、YAGレーザーなどがありますが、痛みが少ない、乾燥肌もOK、または多少日焼けした肌でも施術ができるなど、それぞれ肌状態に合わせたレーザー機器を使えば、トラブルのある肌、敏感な肌でも十分対応できるということで、安心ですね。

 

光脱毛のエステサロン

光脱毛のエステサロンですと、万一やけどなどが起こった際に、その治療に、改めて皮膚科にいって治療を受ける必要がありますが、もともと美容皮膚科医などで脱毛レーザー治療を受けている場合は、そのまま皮膚の状態をみながら、施術をすすめたり、休止したりを判断できる点にメリットがあります。

 

 

 

クリニック脱毛は、一般に効果が高く、アフターケアもしっかりしているので、とくに肌悩みがある人は、医療クリニックでの脱毛をおすすめします。
普段の脱毛からも開放され、レーザー治療によって肌自体もキレイになるので、肌ケアとしてもよい選択だと思われます。

 

施術料金のほうも、レーザー脱毛による全体のメリットを考えると割にリーズナブルといえます。
もしなにか不安点がある場合は、最初の無料カウンセリングで問題点をしっかり聞いてみて、納得してから施術を受けるようにしてください。

更新履歴